昨日は、本当であれば、早く家を出て会社に向かい、朝のうちにいろいろな用事を片付けてしまいたいと思っていました。
こうして書いているのでお分かりだと思いますが、現実には早く会社に行くこともなく、結局いつも通り仕事に追われてしまいました。
というのも、朝早く起きようと思っても、そう簡単に早起きできるようには人間の体や脳はできていないのです。
もちろん時間厳守の約束だとかがあれば別ですが、自主的に早出しようと思っていても、なかなかそうはいきません。
ほとんどの場合、今回の私のように、早く起きることもできず、結局起きた時点で諦めてしまうことが多いのではないでしょうか。
私はあまり残業が好きではないので、残業するくらいなら朝少し早く行った方がいいと思っています。
定時で絶対に終わらない仕事というのは、どうしても終わりの時間がだらだらと後ろになってしまう傾向があるからです。
なので、できれば早く会社に行って、忙しくなる前に効率的に仕事を済ませてしまうのがいちばんではないでしょうか。
ただ、早起きが得意ではないというのが致命的で、そのためになかなかうまく行っていないというのが実情なんですよね。