今考えていることは、本当に自分の意思で思考したことですか?

ただ単に目や耳から入ってきた情報を脳内でイメージ化しては消えていくだけの雑念ではないでしょうか?

そして、いつしか雑念に支配され、意思に反する行動を起し、本来すべき行動を妨げられる日々を知らず知らずのうちに送ってはいないでしょうか。

「そんなはずはない、自分自身の意思によって思考し行動しているはず」と疑わないのであれば、ひとつ試して欲しいことがあります。

1から順に数字を数えてみて下さい。

20を超えたあたりから、数字を数えると言う思考以外に、あなたの意思に反した考えが浮かんでは消え、また浮かんでは消えて行かないでしょうか?

雑念によって本来すべきことが妨げられていることを体感できたと思います。

もし数字のことしか思考しなくなる方法があるとしたら、試してみたいと思いませんか?

それができるようになれば、自分の意思で考えた思考により行動することができるようになり、物事に取り組む際の効率が格段に上がるはずです。

その方法は、物事に取り組む前に目標・時間・褒美を明確に決めることです。

どこに向かって行くか目標を定め、それに費やす時間制限をつけ、達成した際の褒美を用意します。

これを踏まえて、1から100までを20秒以内に数えられたらケーキが食べられると決めて実行すると、雑念なく達成できるはずです。

目的・時間・褒美を明確に定める事で集中力が高まりますので、是非応用して日常生活に役立ててみて下さい。医療脱毛 総額